メール作成と配信作業を楽にしたい

負担の少ないメール作成のコツは?

メール配信の作成業務は少なからず手間がかかります。毎回全く同じ文章を使い回していると、利用者のマンネリ化が発生してしまうため、出来る限り画像を使ったり、読み応えのある文章を添えたりしたいところです。その手間を少しでも軽減させる対策の一つとして、HTMLメール利用可のメール配信サービスを利用することがあげられます。HTMLメールは、HTMLというプログラミング言語を利用して、文字の装飾や画像の利用などを可能にしたメールです。その対義語としてテキストメールがあり、こちらは文字オンリーで装飾などができないメールとなっています。HTMLメールはカタログやチラシのようなデザインを実現でき、読み手が直感的に内容を理解しやすくなります。相対的に文章の量が減るため、作成側にとっても嬉しい機能であると言えます。

配信は振り分けが必要って本当?

ところがこの便利なHTMLメールですが、特定の環境では閲覧することができないという問題があります。昨今はパソコンではなくスマートフォンでメールを受信・閲覧するというユーザーが多くなっているため、その利用環境に応じて閲覧可否が変わってしまうのです。しかし、受信環境は多様を極めているため、送信先の環境を判別をするのは容易なことではありません。このような問題を防ぐ場合、HTMLメールを自動配信できる機能を持ったサービスを利用すると良いでしょう。このサービスでは、HTMLメールが閲覧できないアドレスなどを判定し、該当した場合は代替となるテキストメールを送ります。自動化されていることで送信ミスなども防ぐことができるため、配信の負担が減らせることでしょう。